おっぱいを大きくするためには?

おっぱいを大きくしたい人必見!!オススメの美容&食事法!

世の中の女性でおっぱいに満足している!という方はなかなかいないと思います。
私もそんな中の一人です。
今現在、出産して小さな子供を持つママですが、産後の授乳でさらにおっぱいへのダメージが大きく、かなりサイズダウンをしました。
このままではいけない!と思い、おっぱい復活に向けて試行錯誤が始まりました。
手っ取り早くおっぱいを大きくするには「脂肪をつけておっぱいにも自然とつく」という方法がありますが、これは体系維持にも響いてくるためオススメはできません。
私は産前、体全体に脂肪をつけておっぱいのサイズアップに成功し、そのあとにエクササイズをすることで、体系を戻していきました。
ただこのやり方だと、体系が戻らない可能性もあります。
やはりおっぱエマルジョンリムーバーいだけをサイズアップしたいですよね。
そこで私が見つけてトライしているのが、MACO先生の「こがおっぱい」DVDです。
これはおっぱいのエクササイズと同時に小顔にもなれるという夢のようなものです。
全体のエクササイズは通して10分ほどで終わるので、育児や仕事に忙しい方でも取組みやすいです。
MACO先生は本も出されていてこちらもオススメです。本のタイトルは「2週間でおっぱいがグングン育つ!うっとり美入塾」。
こちらにはおっぱいのエクササイズやマッサージ法、おっぱいに良い食事法などが載っています。
おっぱいはただ大きいだけではなく、ほどよく筋肉がついて形のバランスが良いということが重要です。
そのためには毎日エクササイズを積み重ねることが大切です。
また、バランスの良い食生活が重要になってきます。
特におっぱいにいい食品を紹介します。
大豆→大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれます。
   イソフラボンは血流をよくして、冷えを和らげます。特に発酵食品がオススメ。

オリーブオイル・アマニ油、ナッツ、アボカド→良質な脂肪が補えます。

きゃべつ・なし・ぶどう→女性ホルモンのエストロゲンの働きを助けます。ボロンという栄養素が含まれると言われています。加熱せず生食がオススメ。

大豆・肉・魚・卵・牛乳→筋肉や皮膚のもとになる栄養素です。いろんなものからタンパク質を取ることがグッド!

大豆・ナッツ類・かぼちゃ・オリーブオイル→ビタミンEは血流をよくして、おっぱいにいい酸素や栄養素を届けることを助けます。冷え性の改善、アンチエイジングにも効果大!

わかめ→血流をよくしてくれます。

てんさい糖・パームシュガー・メープルシュガー→体を冷やしにくく、血糖値を急に上げずオススメ。

また、睡眠は7時間半程度が良いとされています。最初の3時間をぐっすり眠ることが美容の秘訣です。

以上のことを実践すれば確実におっぱいは大きくなります。

一緒にがんばりましょう!!!

肌をキレイにするのも大切です!

特に顔は1番大切なところでしょう!

エマルジョンリムーバーというアイテムがあるんですが、
サッと顔に吹きかけるだけで汚れがどんどん落ちていくんです!

使い方も簡単で良いですよ♪

エマルジョンリムーバー!ぜひお使い下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です